2006年01月08日

手作りごはんを始めた訳

本当はもっと楽しい話題にしたいところですが、今、とても気になるニュースを知ってしまいました。

毎日数回、携帯に配信されてくるニュース系のメルマガに、こんな記事があったのです。

◆イヌ受難>米社のドッグフードで大量死 / 発がん物質入る

急いでニュースソースを探したところ、Yahooにありました。

Dog Deaths Surpass 100 Despite Toxic Pet Food Recall

日本の新聞等のサイトでは見つけることができませんでした。

ドッグフードの怖さを訴える本は、たくさんあります。
もちろん、私も何冊も読みました。でも、その本に書いてあることを100%信用しているわけではありません。内容にウソがあるとは思いませんが、多少の誇張とか著者の主観が入るのは避け得ないと思うからです。

ただ、一般的に流通しているフードが、室温で長期間置いてもなかなか腐らないこと、値段が安いこと、それに、ある程度高品質とされているフードでさえ、手で触ったら洗わずにはいられないほど嫌なにおいがすることは以前からとても気になっていました。

それに、犬達の楽しみといえば、食事とお散歩です。いろいろな所に連れて行くには車が必要だったりするわけですが、ご飯を手作りするのは人間用の食材を買ってきさえすればいいわけですから、考えようによってはお手軽だな、とも思いました。つまり、うちの犬達が可愛くて仕方ない→何か楽しみを与えてやりたい→一番お手軽に始められるのはごはんを手作りすること、というわけだったのです。親バカの延長ですね。

ですから、始めた時は、「フードが危険だ!」と強く認識していた訳ではありませんでした。「何が入ってるかわからないような物は食べさせたくないな」くらいのものです。それからいろいろな本を読んだりして今に至る訳ですが、今日のこのようなニュースを見ると、やはりフードを与えることは選択できないな、と思います。なぜなら、安全かどうか、ということが完全に人任せになっているからです。自分が選んだことで起きた結果を引き受けることは可能ですが、他人任せにしていて起きた結果を引き受けることは難しいと思うから。

ところで、普段は完全に手作りなのですが、たまにフードを与えることもあります。それは、旅行に連れて行くとき(そんな時のために、コンビニやスーパーで売っている物で、火を使わずにできるメニューを考えようと思っているところではあります)。
旅行先では料理ができず、フードを持参して下さいというところがほとんどですよね。そんな時にだけフードを与えますが、今のところは吉岡油糧さんのものを与えています。こちらのものは便が柔らかくなるという方もいらっしゃいますが、それは、一般のフードに入っている便を硬くする物質を添加していないためだと思います。ちなみに、手作りご飯を与えていると、柔らかくなります。といっても、人間と同じ程度の柔らかさですけどね。

なんだか文字ばかりでごめんなさい。今は出先のPCなので、写真が無いのです。夜、本日のご飯とともにアップしようと思いまーす。

ニックネーム mamaed at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | History | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勉強になりました。本当に、考えさせられました!!
実は、ウチのBuchiどん、癌なんです。
来週あたりに2回目の手術をします。でも、本人は至って元気に見えます。
ワンコってお話が出来ない分、飼い主側で色々考えなくては
いけないことが多いですよね。
早速、パパさんと相談してみます!
本当にありがとうございましたm(_ _)m
Posted by ブチママ at 2006年01月08日 20:07
◆ブチママさん、こんばんは!

そうだったのですか!Buchiちゃんは食いしん坊さんだから、病気を持っているなんて思いませんでした。しかも、癌だなんて!でも、その年齢で麻酔を使う手術に耐えられる体なのは、食いしん坊さんだからなのかもしれませんね。
手術がうまくいきますように、心からお祈りしています!
Posted by mamaed at 2006年01月09日 00:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/159110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック